佐々木那智恵姉の証し

佐々木姉について


  佐々木さんは、21歳のころ病院で受けた抗生物質による注射のショックで、寝た切り状態となりました。突然にして、目の前にあった結婚、また画家への夢が断ち切られ、その後の人生、50年以上が畳一枚の上での生活となりました。40歳のころ、副作用によるめまいが納まった時、あおむけのままで絵筆を取り、再び絵を描き始めました。明るい雰囲気に満ちた佐々木姉の絵は多くの人に励ましを与え、その絵は個展などで地域の方々に紹介されました。佐々木姉の過酷とも言える人生を支えたのは、主イエス・キリストを信じる信仰でした。過酷な人生は感謝へと変えられ、周囲の人々を今も励まし続けています。

佐々木姉の絵画作品


佐々木姉の証し


 佐々木姉の信仰の証しが、ラジオ番組の ルーテル・アワー「心に光を」 で放送されました。その放送内容を是非お聞きください。©「心に光を」メディアセンター 2007年

第1回「これが本当の神様」放送日2007年4月16日
第2回「洗礼のお恵み」放送日2007年4月17日

第3回「突然の病気で」放送日2007年4月18日
第4回「胸を張って母は」放送日2007年4月19日

第5回「展覧会の恵み」放送日2007年4月20日
第6回「主からの平安」放送日2007年4月21日

お知らせ


 佐々木さんの絵を掲載した小本を販売しています。津山福音ルーテル教会 子安八重子師が聖書からの日替わりショートメッセージを1ヶ月分書いています。聖書のメッセージと共に佐々木さんの絵をお楽しみいただけます。

頒布価格:300円(送料込 500円)》

 ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

・問い合わせ先 津山福音ルーテル教会 子安

 住所 岡山県津山市川崎666-1 電話番号 0868-22-5248